Agrocybe praecox、春のフィールドキャップキノコ

門:担子菌-クラス:真正担子菌-注文:ハラタケ目-家族:モエギタケ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

Agrocybepraecox-春のフィールドキャップ

春と初夏に、これらの魅力的であるが非常に変化しやすい菌類は、森の中や生け垣の横に現れます。多くの場合、カーペットの小道や花壇が木片で広げられています。

分布

この初期の実を結ぶキノコは珍しいですが、英国とアイルランドでは珍しいものではありません。春のフィールドキャップはヨーロッパ全体で発生し、北アフリカと北アメリカの一部でも見られます。

一般にSpringFieldcapとして、または一部の古いフィールドガイドではSpring Agaricとして知られている、Agrocybe praecoxは、フィールドで分離するのが非常に難しい複雑な真菌群の1つです。注:一部のフィールドガイドでは、このキノコはオキナタケ科に記録されています。

Agrocybepraecox-成熟した標本

分類学の歴史

Christiaan Hendrik Persoonが1800年にこのキノコについて最初に説明したとき、彼はそれをAgaricuspraecoxと名付けました。(ハラタケ目菌のほとんどは、最初は巨大なアガリクス属に分類されていましたが、現在は他の多くの属に再分布しています。)

現在受け入れられている学名Agrocybepraecoxは、スイスの菌類学者Victor Fayod(1860-1900)がタイプ種としてAgrocybepraecoxを使用して確立した新しい属Agrocybeに移した1889年にさかのぼります。

Agrocybe praecoxの同義語には、Agaricus praecox Pers。、Agaricus togularis Pers。、Agaricus gibberosus Fr.、Pholiota praecox(Pers。)P。Kumm。、Pholiota togularis sensu Gillet、Agrocybe gibberosa(Fr.)Fayod、およびTogariaが含まれます。 )WGSm。

語源

「Fieldcapは」から派生している農業、フィールドの、そして- - cybe、頭やキャップ、したがって、一般名の直訳であるAgrocybe。特定の早発性痴呆はラテン語で「発達または早期出現」を意味します。それは形容詞「早熟」と同じ起源を持っています。

識別ガイド

Agrocybepraecoxのキャップ

キャップ

直径3〜9cm。クリームまたは淡褐色; 若いときは凸状でわずかに脂っこく、表面が滑らかでほぼ平らに広がり、年をとるとしわやひび割れが生じることがあります。

キャップの肉はしっかりしていて、ほとんど白です。

鰓は、ほとんど自由に付着または付属しており、胞子が成熟するにつれて、最初は淡い茶色になります。

若いときはほとんど白く、年齢とともに茶色になり、茎には白いリングがあり、胞子が成熟して落ちると茶色に変色します。茎は直径5〜15mm、高さ4〜7cmです。そのベースはわずかに腫れています。内部的には、繊維質の茎はしっかりしていて、薄茶色に老化するバフの肉があります。

<em> Agrocybe praecox </ em>の胞子

胞子

楕円形から卵形、滑らか、7.5-10x5-6μm、顕著な胚芽孔。

胞子紋

褐色。

大きな画像を表示

Agrocybepraecoxの胞子

バツ

におい/味

やや粉っぽい匂い。ナッツのような苦い味。

ハビタと生態学的役割

森林の端、木材チップの小道の横、腐ったわらの上に散在している、または小さな房になっている。

シーズン

5月から8月。たまに9月に。

類似の種

Agrocybe molesta(同義語Agrocybe硬膜も春に起こる)、淡いあり、完全に拡張したときに通常クラックumbonateキャップを有しています。

Agrocybe cylindraceaは、ポプラやヤナギの切り株で育ちます。

料理のメモ

Agrocybe praecoxは、よく調理すれば食用と見なされますが、苦味を保持していると言われ、品質が非常に悪いと言われています。ほとんどのフィールドガイドは、キノコを集めて食べるときは、このグループのフィールドキャップ菌は非常に有毒な毒キノコと混同されやすいため、避けるのが最善であると述べています。

Agrocybepraecox-イングランド南部の成熟した標本

参考資料

Fungi、Pat O'Reilly2016に魅了されました

マルセルボン、1980年:ジャンルの改訂AgrocybeFayod。BulletintrimestrieldelaFédérationMycologiqueDauphiné-Savoie、76:32-36。BulletindelaFédérationtrimestrielMycologiqueDauphiné-Savoie、76:32-36。

Henning Knudsen&Jan Vesterhout(2008)FungaNordica。コペンハーゲン:Nordsvamp。p。828。

菌類の英語名のBMSリスト

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。