ゴウザンゴマシジミ、Maculinea arion、識別ガイド

門:節足動物門-クラス:昆虫綱-注文:鱗翅目-科:シジミチョウ科

ゴウザンゴマシジミ、Maculinea arion

これは英国で最大の「ブルース」であり、最も希少でもあります。実際、それは1979年に絶滅し、ヨーロッパ大陸からの先駆的な再導入のために今も続いています。

説明

その大きな(「青」の場合、つまり)サイズ(オスの場合は38〜48mm、メスの場合は42〜52 mmの翼幅)と細長い黒い点の特徴的な前翅のパターンは、この独特の蝶を自信を持って識別するために必要なすべてです。

ハビタ

ゴウザンゴマドリは、暖かくて乾燥した短草地の蝶で、野生のタイム(場合によっては野生のマルジョラム)が赤アリのMyrmicasabuletiのコロニーと一緒に存在します。

分布

スウェーデンからの再導入が成功した後、グロスターシャー、サマセット、デボンのサイトでラージブルーが発生します。この「再野生化」保全イニシアチブは、ゴウザンゴマダラ自体だけでなく、重要なことに、蛹化前の最終齢の間に蝶の幼虫が寄生する赤アリMyrmicasabuletiのコロニーのサイトの注意深い管理に依存していました。他の場所では、ラージブルーは中央ヨーロッパの多くの地域で、そしてアジアから中国と日本にかけて見られます。

ゴウザンゴマシジミ、Maculinea arion、ポルトガル

ライフサイクル

これらの蝶は6月に産卵し、2、3週間後に孵化します。ラージブルーの幼虫が最初の3齢の間に使用する主な幼虫の食用植物は、ワイルドタイムタイムポリトリクスです。4齢で、幼虫は地面に落ち、赤いアリが見つかった場合は、アリの幼虫を模倣して、成虫のアリがゴウザンゴマシを地下の巣に運ぶようにだまされます。そこで毛虫は5月に蛹化する前にアリの幼虫を寄生的に食べます。成虫の蝶は約3週間後に出現し、5月末から7月上旬にかけて羽に見られます。

ゴウザンゴマシジミ、Maculinea arion、アルガルヴェ、ポルトガル

謝辞

このページには、RobPetley-Jonesから寄稿された写真が含まれています。

蝶と蛾の研究...


この情報がお役に立てば、PatO'Reillyによるベストセラーの本MatchingtheHatchの新しい2017年版が非常に役立つと思います。ここであなたのコピーを注文してください...

他の自然のブックファーストネイチャー...