Geranium sylvaticum、ウッドクレインズビル:識別、分布、生息地

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-注文:フウロソウ目-家族:フウロソウ科

ウッドクレインズビル

ウッドクレインズビルはイングランド南部とアイルランドには存在しませんが、北部では比較的一般的で広く見られます。ヨーロッパ全体でも一般的です

クレーンビルの通称は、花が枯れてしまうと現れる、くちばしのような鋭い種子の形を指します。房状に生える花は、ピンクから紫青まで色が変化し、後者は主に中央ヨーロッパで発生します。開花時期は6月から8月です。

この植物は、ベースが豊富な土壌が好きで、牧草地、森林の端、そしてかなり岩が多く石の多い生息地で見つけることができます。

ウッドクレインズビル、イタリア

このページに示されている標本は、7月にスロベニアとイタリアで撮影されました。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...