Phellinus populicola、珍しいブラケット菌

門:担子菌-クラス:真正担子菌-順序:タマチョレイタケ-家族:Hymenochaetaceae

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

Phellinus populicola

このブラケット菌が他の多くの同様の黒い亀裂のあるブラケット菌から1975年に分離されたという事実は、その識別が困難に満ちていることの明確な兆候であるはずです。これらのブラケットのくすんだ外観は、それらを見つけるのも簡単ではありません。

分布

英国とアイルランドでは非常にまれな発見であり、このブラケット菌はスカンジナビアの大部分で発生しますが、そこでさえ記録されることはあまりありません。

ノルウェーで撮影された上記の写真は、ArnorGulrangerから寄稿されました。

分類学の歴史

この丈夫なブラケット菌は、1975年にフィンランドの菌類学者TuomoNiemeläによって最初に科学的に記述されました。TuomoNiemeläは二名法の学名Phellinuspopulicolaを付けました

私が判断できる限り、Phellinus populicolaの唯一の同義語は、Ochroporus populicola(Niemelä)Fiasson&Niemeläです。

語源

1886年、フェリヌス属はフランスの菌類学者ルシアンケレットによって制限されました。総称はphell-コルクを意味し、接尾辞-inusは最上級を意味します。したがって、Phellinus属の菌類は、それらすべての中で最もコルクに似ている(最も丈夫な)という意味です。特定の上皮ポプラは、この木材腐朽菌がポプラの木の木材を消費することを示しています。

識別ガイド

Phellinuspopulicola子実体

子実体

上面は黒っぽく、最終的には亀裂のネットワークが発達します。非常に古い子実体でも白っぽいままの柔らかい外縁。通常、直径5〜15cmで、同心円状に毎年層状に隆起しています。基板から5〜10cm突き出ています。これらのブラケット内の肉は非常に硬いです。時折、スカンジナビア諸国では、直径25〜30cm、厚さ15〜20cmの非常に古い標本に遭遇します。

チューブと毛穴

チューブは茶色で、1 mmあたり4〜6の間隔で配置されています。それらは、通常直径0.12mmの円形またはわずかに楕円形の灰色がかった茶色からシナモン茶色の細孔で終わります。

担子器

クラベート、4胞子。

胞子

亜球形、滑らか、5-6x4-5μm; ヒアリン; アミロイド。

胞子紋

白い。

におい/味

重要ではありません。

ハビタと生態学的役割

大きなポプラとアスペンに寄生し、通常、木が枯れた後、数年間はサプローブとして継続します。

シーズン

多年生植物で、夏から秋にかけて胞子を放出します。

類似の種

Fomes fomentariusも同様に蹄の形をしており、全体的に灰色の外観で、上面にひびが入ることはめったにありません。主にイギリスとアイルランドの白樺を攻撃します。

料理のメモ

Phellinus populicolaは、丈夫で食べられない菌です。これらのブラケットの1つを木から取り除く場合でも、のこぎりが必要であり、噛んで飲み込んだ場合に得られるカロリーをはるかに多く消費します。

参考資料

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。