水仙bulbocodium-イエローフープペティコート水仙

門:Magnoliophyta-クラス:Equisetopsida-注文:Asparagales-家族:ヒガンバナ科

水仙球根

イベリア半島の春の楽しみの1つは、英国式庭園でおなじみのこの素敵な小さな水仙が野生で開花するのを見ることです。特定の春の暖かさに応じて、この花は2月末から見つけることができます。

ポルトガル南部の水仙球根

フープペティコート水仙は、時々呼ばれるように、イベリア半島、南西フランス、北西アフリカの原産であり、主に山の牧草地と丘の中腹に限定されています-いくつかは非常に急です。

このページに示されている標本は、3月にポルトガル南部のアルガルヴェにあるブルガウ近くの急な丘の中腹で撮影されました。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、アルガルヴェの野生生物や野花についての本もお楽しみいただけます。ここでオンライン購入...