Leccinum variicolor、まだらにされたボレテキノコ

門:担子菌-クラス:真正担子菌-順序:イグチ目-家族:イグチ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

Leccinum variicolor、まだらのボレテ

白樺の木の下、通常は苔むした森や湿った荒野に現れ、この夏と秋の菌は非常に特徴的なまだらの帽子を持っています。キャップの色は、ほぼ白からさまざまなミッドブラウンとダークブラウン、そしてほぼ黒までさまざまです。

Mottled Boleteの珍しい、珍しい白っぽい形は、キャップの色が反転しています。背景はほぼ白で、灰色の斑入りまたは縞模様の斑入りです。(例を以下に示します。)どちらかといえば、他のLeccinum boletesにもアルビノの形態があるため、この淡い形態を確実に特定することはさらに困難です。

Leccinum variicolor、まだらのボレテ-白い形

分布

英国とアイルランドで時折見られる斑点のあるボレテは、スカンジナビアから地中海、そしてイベリア半島を越えて西に至るまで、ヨーロッパ本土のほとんどの地域でも非常に一般的です。Leccinum variicolorは、北米の多くの地域でも見られます。

分類学の歴史

まだらにされたボレテは、1969年に、当時スコットランドのエジンバラで働いていた英国の菌類学者ロイ・ワットリングによって説明されました。

同義語Leccinum variicolorを含むKrombholziellaのvariicolor(ワトリング)Šutara、ポルチーニのvariicolor(ワトリング)Hlavácek、LeccinumのvariicolorのFを。atrostellatum Lannoy&Estadès、Leccinum variicolorfsphagnorum Lannoy&Estadès、およびLeccinumのvariicolorのVAR 。bertauxii Lannoy&Estadès

語源

総称であるLeccinumは、真菌を意味する古いイタリア語に由来します。特定の上皮variicolorは、この種の非常に可変的なキャップカラーリングへの参照です。

識別ガイド

Leccinumvariicolorのキャップ

キャップ

さまざまな色合いの灰色または濃い灰色がかった茶色(まれなオフホワイトのまれな形も存在します)は、通常(常にではありませんが)斑入り/まだらで、明るい斑点または縞模様の放射状パターンがあり、Leccinum variicolorの広く凸状のキャップは細かくトメントースです(羊毛状または非常に細かい鱗状)若いときですが、年をとるにつれて非常に滑らかになる可能性があります。キャップは、完全に拡張したときの直径が5〜15cmの範囲です。

キャップの肉は白く、壊れたり切ったりすると、キャップのキューティクルの下でわずかにピンクがかった色に変わることがよくあります。

Leccinumvariicolorの毛穴

チューブと毛穴

小さな円形のチューブは、ステムに広く付属しています(ただし、付属していません)。それらは0.7から1.8cmの長さで、非常に淡い灰色からクリーミーホワイトで、毛穴で終わります。直径0.5mmで、同じような色で、しばしば黄褐色の斑点があります。

あざができると、毛穴は徐々に茶色がかった色に変わります。

Leccinumvariicolorの茎

白またはバフで高さ7〜15cmLeccinum variicolorの茎は、直径2〜3cmで、頂点に向かって先細になっています。未熟な標本は樽型の茎を持っています。成熟すると、ほとんどの茎は直径がより規則的になりますが、頂点に向かってわずかに先細になります。茎の果肉は白ですが、切り取ったり折ったりすると上部がピンクがかった色になり、茎の付け根付近では切り取った肉が緑がかった青になります。

暗褐色または黒色のかさぶた(表面の薄い背景から目立つ全体の鱗)が茎全体を覆っています。

胞子

紡錘状、薄壁、14-19 x 5-6.5µm、アミロイド。

胞子紋

偶然のバフ。

:標本をLeccinum scabrumとして最終的に記録する前に、他の微視的特徴を調べる必要があります。特に重要なのは、毛包嚢胞症と毛細血管の菌糸構造です。(これらの機能の顕微鏡写真をいつか追加したいと思っています...その間、Geoffrey Kibbyによるキーをお勧めします-以下の「参考資料」セクションを参照してください。)

におい/味

ほのかな香りと味わいは心地よいですが、特に特徴的ではありません。

ハビタと生態学的役割

すべてのLeccinum種は外生菌根であり、ほとんどは1つの樹木属でのみ見られます。英国とアイルランドでは、Laccinum variicolorは、湿った苔むした森林地帯に白樺の木(Betula spp。)が生えている菌根です。ただし、北米では、この種はアメリカのアスペンポプラトレムロイデスでも発生すると報告されています。

シーズン

英国とアイルランドでは7月から11月。

類似の種

Leccinum versipelleには、はるかにオレンジ色のキャップがあります。茎の付け根が青緑色になります。

Leccinum scabrumは、キャップの色も非常に多様ですが、通常、まだらのボレテよりも明るい茶色です。その茎の肉は、切断または破損したときに青または青緑に変わりません。

Leccinum variicolor、まだらのボレテ-ニューフォレスト

料理のメモ

Leccinum variicolorは、一般的に優れた食用キノコと見なされており、Ceps Boletus edulisを必要とするレシピで使用できます(ただし、風味と質感の両方でCepが優れています)。または、十分なCepsがない場合は、まだらのボレテを使用して必要な量を補います。

参考資料

パット・オライリー、ファンギに魅了された、2011年。

種の鍵を持つ英国のボレテス、ジェフリー・キビー(自費出版)第3版2012。

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年。

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。

謝辞

このページには、DavidKellyから寄稿された写真が含まれています。