チチアワタケ、しだれボレテキノコ

門:担子菌-クラス:真正担子菌-順序:イグチ目-家族:ヌメリイグチ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

チチアワタケ-しだれボレテ

この脂っこい帽子をかぶったボレテは、さまざまな種類の松の木の下に現れますが、ほとんどの場合、2本針の松があり、非常に大きく、広く散在しているグループになっています。若い標本の毛穴は乳白色の液滴を放出します-一般名を意味します。このボレテのキャップは、特に雨天時に粘着性があります。

分布

ウィーピングボレテはイギリスとアイルランドでかなり一般的ですが、ヨーロッパ本土のほとんどと北アメリカの一部でも非常に一般的です。

チチアワタケ-しだれボレテ、ハンプシャー

分類学の歴史

1763年に、カールリンネがこのキノコについて最初に説明したとき、彼はそれをBoletusgranulatusと名付けました。このキノコを1796年にヌメリイグチ属に移したのは、フランスの医師で自然主義者のアンリフランソワアンドゥルーセル(1748年-1812年)でした。 (ヌメリイグチは真菌の古代の用語であり、「豚」と同じ起源に由来します-おそらく、豚とこのグループのボレの脂っこい性質への言及です。)

チチアワタケを含むいくつかの同義語有するポルチーニlactifluusソワービー、Leccinum lactifluum(ソワービー)グレー、Ixocomusのgranulatus。(L.)QUEL、およびSuillusのlactifluus(ソワービー)AHのSm。&ティエール。その多くの一般的な名前の中には、グラニュー糖、リングレススリッパリージャック(他のヌメリイグチ属の種にも適用されている曖昧な用語)、そして再び曖昧な点線の茎のボレテがあります。

語源

総称ヌメリイグチは豚(豚)を意味し、この属の真菌のキャップの脂っこい性質への参照です。特定の上皮肉芽腫は、それが示唆するように、顆粒化を意味します。これは、これらのボレットの茎の上部の粒状の表面への参照です。

識別ガイド

チチアワタケのキャップ

キャップ

シナモンブラウンからオレンジブラウンのウィーピングボレテの粘着性のあるキャップは、直径4〜10cmに成長し、凸状のままです。

キャップの肉は淡黄色で柔らかいです。キャップを切っても色は変わりません。

チチアワタケの毛穴

チューブと毛穴

この種の特徴は、小さな円形の細孔から染み出る乳白色の液滴の存在です。これらの液滴は、乾燥するにつれて最終的に暗くなります。

チューブは浅くレモンイエローで、同じ色の細孔で終わります。

チチアワタケの茎表面

茎の表面

このボレテの茎は非常に淡い麦わら色で、リングやリングゾーンはありません。茎の頂点に向かって、表面は粒状です(この特徴からこの種はその一般名を取得します)。茎の肉から滲み出る乳白色の液滴として形成される顆粒は、乾燥するにつれて硬化します。

チチアワタケの茎肉

茎の肉

キャップのように、カットしても淡黄色の茎の果肉は色が変わりません。

チチアワタケの胞子

胞子

サブフュージフォーム、滑らか、8–10 x 2.5–3.5μm

大きな画像を表示

胞子チチアワタケ

胞子 バツ

胞子紋

黄土色またはシエナブラウン。

におい/味

特徴的ではありません。

ハビタと生態学的役割

チチアワタケは、針葉樹、特にヨーロッパアカマツの下に現れる菌根キノコです。

シーズン

英国とアイルランドでは7月から11月。かなり後で南ヨーロッパで..

類似の種

Suillus grevilleiにも同様のキャップがありますが、茎には非常に明確なリングゾーンがあり、その孔ははるかに大きく角張っています。

料理のメモ

食用と考えられていますが、これは最高級のボレテの1つではありません。これは、多くの場合、大量に実を結ぶため、残念です。キャップの皮とチューブの層は通常取り除かれ、しっかりしたキャップの肉だけが料理の目的に使用されます。

ヌメリイグチ菌が胃の不調を引き起こすことがわかっている人もいるので、しだれボレテス、ラーチボレテス、滑りやすいジャック、または他の種類のヌメリイグチキノコを集めることにした場合は、キャップをはがし、チューブ層を取り除き、完全に調理することをお勧めします、そしてそれでも、あなたが初めて試しているあらゆる種類の食用キノコと同様に、あなたが有害反応を起こさないことが確実になるまで、ごくわずかな部分しかありません。(個人的には、他の多くの優れたキノコがほぼ同じ期間に実を結ぶため、私はヌメリイグチ属の種を収集しません。)

参考資料

Fungi、Pat O'Reilly2016に魅了されました

種の鍵を持つ英国のボレテス、ジェフリー・キビー(自費出版)2012年第3版

Roy Watling&Hills、AE 2005. Boletesとその同盟国(改訂版と拡大版)– in:Henderson、DM、Orton、PD&Watling、R。[eds]。英国の真菌フローラ。寒天とボレティ。巻 1.エジンバラの王立植物園。

菌類の英語名のBMSリスト

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。

了承

このページには、DavidKellyから寄稿された写真が含まれています。