スギタケ、スギタケ

門:担子菌-クラス:真正担子菌-注文:ハラタケ目-家族:モエギタケ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

フランス北部、Pholiota adiposa

Pholiota adiposaは、死んだまたは死にかけているブナの木で最も頻繁に発生する珍しい種であり、通常、幹や切り株、大きな倒れた枝の低い位置に結合した茎の基部を持つ密な房を生成します。

分布

英国とアイルランド全体で時折見られるPholiotaadiposaは、ブナ(Fagus sylvatica)の森林地帯で最も頻繁に見られますが、ポプラ、オーク、その他の種類の広葉樹の枯れ木にも見られます。この種はヨーロッパ本土の北部と中央部でも見られ、北アメリカの一部で記録されています。

分類学の歴史

その後エリーアス・フリースによって認可名前- - adiposusアガリクスそれを名付けドイツの博物学や菌類学者8月ヨハン・ゲオルク・カールBatsch、によって1786年に記載されているこのscalycapキノコ属に移されたスギタケ属別の有名なドイツの菌類学者、ポール・カマー、これを確立することによって、そのPholiotaadiposaとして現在受け入れられている学名。

Pholiota adiposaの同義語には、Agaricus adiposusBatschおよびDryophilaadiposa(Batsch)Quélが含まれます。

語源

一般名スギタケ属はうろこ状を意味し、特定の形容のadiposaはラテン語名詞から来adepsラード、またはグリース意味-この森林きのこの脂っこいキャップ面への参照を。

識別ガイド

Pholiotaadiposaのキャップ

キャップ

直径5〜10cm、凸面は最終的に平らになります。明るい黄色で、雨天時にぬるぬるした脂っこい表面があります。ベールの破片から中央に向かって最も密にキャップに付着している茶色の鱗

Pholiotaadiposaのえら

混雑したアドネイトギルは、若いときは淡黄色で、胞子が発達するにつれて赤茶色に変わります。

Pholiotaadiposaの茎

円筒形、直径5〜10mm、高さ2.5〜6cm。黄色はベースに向かってさび茶色になります。表面は通常、上向きの茶色の鱗(部分的なベールの断片)でまばらに覆われています。ステムは、多くの場合、基板に取り付けられている場所で結合します。

Pholiotaadiposaの胞子

胞子

楕円形、滑らか、5-6.5x3-4μm。

大きな画像を表示

Pholiotaadiposaの胞子

胞子 バツ

胞子紋

赤茶色。

におい/味

においはかすかに、心地よいが、独特ではない。味は独特ではありません。

ハビタと生態学的役割

主にブナの切り株、枯れた幹、倒れた大きな枝に見られますが、オーク、ポプラ、その他の広葉樹にも見られます。

シーズン

英国とアイルランドの夏の終わりと秋。

類似の種

スギタケは通常、はるかに大きなキャップと茎の鱗でより薄くなります。

Pholiota alnicolaには、鱗がほとんどなく、胞子がはるかに大きい。iutはハンノキの幹で育ちます。

Pholiota aurivellaは、茎が薄く、胞子がはるかに大きく、明確な胚芽孔があります。

ナラタケのいくつかの形態であるナラタケは鱗状ですが、それらの胞子紋は茶色ではなく白であり、鰓は年齢とともに著しく暗くなることはありません。

Kuehneromyces mutabilisは非常によく似ていますが、キャップは通常ツートンカラーです。また、より明白なサインゾーンとリングゾーンの下の暗い黄褐色の茎があります。その鰓は若いときは黄土色で、成熟するとシナモンになります。

料理のメモ

それらの魅力的な外観にもかかわらず、これらおよび他のスギタケ(スギタケ種)は間違いなく食用キノコではありませんが、過去にはこの属の一部のメンバーはそう考えられていました。

参考資料

Fungi、Pat O'Reilly2016に魅了されました

イギリス菌学会(2010)。菌類の英語名

Funga Nordica、Henning Knudsen、Jan Vesterholt、2008年。

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。