Lanzia echinophila、ヘアリーナッツディスコ

門:子嚢菌-クラス:Leotiomycetes-順序:Helotiales-家族:Rutstroemiaceae

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

Lanzia echinophila、ヘアリーナッツディスコ

Lanzia echinophila、Hairy Nuts Discoは、最初は亜球形で明るいオレンジ色です。それが成長するにつれて、それはカップの形になり、最終的には平らになり、その上面(肥沃な)表面は赤褐色に変わります。この小さな子嚢菌は、ヨーロッパグリCastanea sativaの腐敗した症例に最もよく見られますが、さまざまな種類のドングリ、特にトルコカシのキュープルにも見られます。

Lanzia echinophila、Hairy Nuts Disco、成熟した標本

分布

ヘアリーナッツディスコは、イギリスとアイルランドではめったに見られず、ほとんどが南部にあります。スカンジナビアからドイツ、フランス、スペイン、ポルトガル、オーストリア、イタリア、ブルガリアなどの地中海に至るまで、ヨーロッパ本土でも発生しています。非常に類似した子嚢菌種は、真菌の枯死が成熟したアメリカグリのCastanea dentataのほとんどを殺す前に、北アメリカの一部でかなり一般的でした。

分類学の歴史

ジャンバプティストフランソワ(ピエール)ブリヤードがこの種を説明した1791年に、彼はそれをPezizaechinophilusと名付けました。現在受け入れられている学名は、1982年にアメリカの菌類学者リチャードポールコルフがマイコタクソンで出版したもの(1925年から2016年)に由来します。

Lanzia echinophilaの同義語には、Peziza echinophila Bull。、Ciboria echinophila(Bull。)Sacc。、Phialea echinophila(Bull。)Gillet、Rutstroemia echinophila(Bull。)Hohn。、およびSclerotinia echinophila(Bull。)Rehmが含まれます。

語源

特定のチャワンタケ科は「背骨を愛する」という意味であり、これらのカップ菌は通常ヨーロッパグリのとげのある症例で発生するという事実への言及です。一般名は、この種が見られるナッツの殻のとげのあるまたは毛深い外面も指します。

識別ガイド

Lanzia echinophila、Hairy NutsDisco-肥沃な表面

肥沃な(内側の)表面

これらの不可解な菌類の上面(カップの内側)は滑らかで、淡いオレンジ色から中間の茶色まで色が異なります。カップの直径は2〜10mmです。

カップの高さは通常1〜5mmで、直径1〜2mm、高さ1〜4mmの柄に取り付けられます。

Lanzia echinophila、Hairy Nuts Disco、不妊の表面と茎

不妊(外側)の表面と茎

カップの外側(不妊)の表面は粗く、内側の表面よりもはるかに明るい色です。胞子は、カップの光沢のある内面のasci内で生成されます。

Lanzia echinophilaのAsci、ヘアリーナッツディスコ

Asci

円筒形; 通常120x 12µm; アミロイド; 子嚢あたり8個の胞子があります。

寄生虫

狭い、円筒形。(パラフィシスは、子嚢表面の子嚢の間の無菌組織の構造です。)

大きな画像を表示

Lanzia echinophilaのAsci、ヘアリーナッツディスコ

バツ

胞子

アラントイド(ソーセージ型)、16-20 x 5-6µm、各胞子には通常4つの油滴が含まれています。

大きな画像を表示

Lanzia echinophilaの胞子、ヘアリーナッツディスコ

Aleuriaaurantiaの胞子 バツ

胞子紋

白い。

におい/味

特徴的ではありません。

ハビタと生態学的役割

主にヨーロッパグリの腐敗した毛深いケースだけでなく、腐ったドングリ、特にトルコカシの毛深いケースにも腐敗します。

シーズン

英国とアイルランドでは8月から11月。後にヨーロッパ本土の南部で。

類似の種

ブナJellydiscNeobulgaria puraは、広葉樹、特にFagus sppで同様の、しかし通常ははるかに大きな構造を生成します。

料理のメモ

この実体のないカップ菌は、料理の価値がありません。その食用性は私たちには知られていません。

参考資料

Fungi、Pat O'Reilly2016に魅了されました

デニス、RWG(1981)。英国の子嚢菌; Lubrecht&Cramer; ISBN:3768205525。

Breitenbach、J。&Kränzlin、F。(1984)。スイスの菌類。ボリューム1:子嚢菌。Verlag Mykologia:スイス、ルツェルン。

Medardi、G。(2006)子嚢菌門イタリア。Centro Studi Micologici:トレント。

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

菌類の英語名のBMSリスト

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。

謝辞

このページには、SimonHardingが親切に寄稿した写真が含まれています。