Lotus corniculatus、Birdsfoot Trefoil:識別、分布、生息地

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-注文:マメ目-家族:マメ科

一般的な鳥の足の三つ葉

エンドウ豆科のこの魅力的なメンバーは、道端の縁石の間の隙間からこぼれる明るい黄色の花のパッチを形成することが多いため、運転手には非常に馴染みがあります。一部の高速道路では、この植物の異星人の形が導入されています。

説明

広大な多年生植物であるLotuscorniculatusは、他の植物が寄りかかる場合を除いて、15cmを超えることはめったになく、30cm程度に達することがあります。

一般的な鳥の足の三つ葉のクローズアップ

歯のない羽状の葉は、実際には3つではなく5つのリーフレットを持っているため、真の三つ葉ではありません。葉柄の先端にはクローバーのような葉柄が3つありますが、葉柄が茎につながる葉柄がさらに2つあります。 (茎は中空ではなく中実であり、これは重要な識別機能です。)

側面から見るとスリッパの形をした黄色い花は、それぞれ長さが通常10〜16 mmで、2〜7個の密集した頭に生えています。各花には5枚の花びらがありますが、それはすぐにはわかりません。 1枚の花びらは直立し、さらに2枚は翼を形成し、さらに2枚の花びらは結合してキールと呼ばれるものを形成します。この植物は、花が開くと赤と黄色に着色するため、「ベーコンエッグ」と呼ばれることもあります。完全に開くと、花はより均一な黄色になり、オレンジや赤がかすかに染まったパッチが残ることがあります。 。

乾燥した草地のミヤコグサ

マメ科の他のメンバーと同様に、ミヤコグサの種子のさやは長くて狭く、通常、鳥の爪のような足のように見える(提案されている)3つ以上の房に保持されます。各ポッドにはいくつかの種子(もちろんエンドウ豆!)があり、乾燥するとポッドがねじれてから分割されて種子が放出されます。

分布

英国とアイルランド全体で一般的なミヤコグサは、ヨーロッパ本土のすべての国でも見られます。スロベニアでは、この色とりどりの野花は道端や牧草地でよく見られます。

アイルランド、バレンのLotus corniculatus

ハビタ

ミヤコグサは、荒れ地、道端、教会の墓地、芝生、公園など、水はけのよいあらゆる種類の草地に見られます。砂浜の川岸でも育ちました。

ブルーミングタイムズ

ミヤコグサの最初の花は通常4月下旬または5月上旬に現れ、9月中旬まで咲き続けます。

用途

ミヤコグサの農業品種は飼料用に植えられていますが、昆虫の世界にとって、花は蜜源として優れているため、さらに価値があります。ミツバチはそれらを愛しています。一部の蝶や蛾は、幼虫の食用植物としてLotuscorniculatusを使用しています。

語源

属名のロータスはギリシャ語に由来するかもしれませんが、それはまったく異なる植物を指します!特定の上皮corniculatusはラテン語から来て、「小さな角を持つ」を意味します。

類似の種

Greater Bird's-foot Trefoil Lotus pedunculatusは背が高く、湿った草地で育ちます。ミヤコグサの茎は中実ですが、その茎は中空です。

このページに表示されているミヤコグサの写真は、5月と6月にウェールズで撮影されました。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...