Aquilegia vulgaris、オダマキ:識別、分布、生息地

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-順序:キンポウゲ目-科:キンポウゲ科

コロンバイン

しばしば単にアクイレギアと呼ばれるコロンバインは、この野生の花のもう1つの一般的な名前であり、1.2mの高さに成長する多年生草本です。その茎はわずかに毛深いです、そして独特の三つ葉の葉はすぐに認識できます:それらは非対称の丸い葉の可変数を持つ3つのリーフレットを持っています。

花は帽子のような形をしているため、「おばあちゃんのボンネット」として知られていました。それらは湾曲した茎の端で下向きに垂れ下がり、5つの外側の花被片(がく片)とそれぞれの花びらの内側のトランペットには花の上部を下向きに指す丸い端を持つ蜜を運ぶフック形の拍車があります。各花の中心から、白い雄しべの束が下向きにぶら下がっていて、クリーム色の葯で終わります。

分布

Aquilegia vulgarisは、ヨーロッパのほとんどの地域で見られます。英国とアイルランドの自生植物ですが、現在野生で見られるものの多くは、田舎に持ち込まれた栽培花です。したがって、一般的な紫色の形や、野生のオダマキの珍しい白い形以外の多くの色が表示される場合があります。

野生のオダマキの紫色の形

ハビタ

キンポウゲ科の非常に多くのメンバーのように、この植物は湿った日陰の場所が大好きで、森の端や並木道の横によく見られます。しかし、庭では、これらの植物は、少なくとも部分的に日陰にある限り、乾燥した土壌で非常にうまく対処します。

開花時期

野生のセイヨウオダマキの花は、春の終わりから夏の半ばまで見ることができます。

Aquilegiavulgarisのクローズアップ

語源

属名Aquilegiaは、花びらの形が鷲の羽を連想させると信じて、ラテン語の名詞Aquila(鷲を意味する)に由来します。

Aquilegiavulgarisのピンクの形のクローズアップ

白、ピンク、青のオダマキは、英国中、そして何度も写真を撮ってきたスロベニアを含むヨーロッパ北部と南部の多くの地域でよく見られます。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...