Arbutus unedo、イチゴの木:識別、分布、生息地

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-注文:エリカレス-家族:ツツジ科

熟した果実とイチゴノキ

ツツジ科のこのエキゾチックに見える常緑樹のメンバーは、12mの高さに成長することができます。光沢のある常緑の葉と花または果物(時には両方)が一年の毎月存在するので、イチゴの木は簡単に認識できます。

イチゴノキ

説明

この非常に枝分かれした木本植物の短い茎の葉は、無毛で、光沢のある緑色で、楕円形で、わずかに歯があります。幹と枝は茶色で、剛毛の成長する先端に向かって赤みがかっています。

Arbutusunedoの花に蜂

ツツジ科の典型的なメンバーである垂れ下がった花は鐘のようなものです。それらは通常、長さ8mm、直径5mmで、時には白ですが、より多くの場合、赤、ピンク、または緑がかっています。蜂蜜のような香りがする花は、ミツバチを含むミツバチにとって特に魅力的です。イチゴの木の果実は、最初は緑色ですが、オレンジ色になり、最終的には赤色になります。彼らは彼らの地面を抱き締める同名の人のように少し見えます、しかし表面の種のインストレッドは球形の果物の至る所にピラミッド状の成長があります。完全に熟すと、苦味が少しありますが、非常に心地よい味がします(ただし、イチゴのような味はしません)。

分布

Arbutus unedoは地中海地方の原産で、西部で最も豊富です。ポルトガル南部にはたくさんのイチゴの木があり、アルガルヴェ地方のモンシケ周辺の丘やさらに北のアランテホに自生しています。

Arbutus unedo、果物のクローズアップ

ハビタ

イチゴノキは、マキの生息地の貧しい土壌で最も一般的に見られますが、時折、植物は森林の端や畑の縁の周り、一般的には海岸からかなり離れた高地に見られます。

ブルーミングタイムズ

イチゴノキは10月から4月にかけて花を咲かせます。

いちごの花、Arbutus unedo

用途

Arbutus unedoの果実は見た目ほど美味しくはありませんが(ライチに少し似ています)、ポルトガル人はそれらを使用して、単にメドローニョと呼ばれることもあるブランデーのようなアルコール飲料であるアグアルディエンテデメドローニョスを作ります。

いちごの木の木は、高級な木炭を作るのに使用できます。

語源

属名であるArbutusは、この種の木のラテン語の名前です。特定の名前のウネドもラテン語に由来し、「1つだけ食べる」という意味です。これは、生で食べると多くの人の好みに合わない、果物のかなり苦い味への言及です。

類似の種

東部イチゴの木であるArbutusandrachneは、クレタ島と東地中海の一部で見られます。花は垂れ下がっているのではなく直立していて、木の紙の樹皮はオレンジレッドで、帯状に剥がれています。

このページに表示されている写真はすべて、モンシケに近いポルトガル南部のアルガルヴェ地方で撮影されたものです。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、アルガルヴェの野生生物や野花についての本もお楽しみいただけます。ここでオンライン購入...