ヌメリイグチ、滑りやすいジャックキノコ

門:担子菌-クラス:真正担子菌-順序:イグチ目-家族:ヌメリイグチ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

ヌメリイグチ-滑りやすいジャック

一般に滑りやすいジャックとして知られているヌメリイグチは、最も普及している夏と秋の真菌です。ヌメリイグチ属のタイプ種です。非常にぬるぬるした(濡れたときの)キャップの表面は、一般名の由来であり、一部の国では、ヌメリイグチ属のいくつかのメンバーに適用されています。

この食用のヤマドリタケは、松林の小道の横に多く見られます。最初は白ですが、年齢とともに変色する独特の輪を持つヤマドリタケの1つです。

雨天時のヌメリイグチ

分布

ヌメリイグチは、常に松のプランテーション内またはその横で、英国とアイルランド全体に一般的で広まっています。このボレテは寒い北部の気候にうまく対応し、スカンジナビアでは非常に一般的です。それはヨーロッパの他の地域、アジア、北アメリカでも発生します。

分類学の歴史

1753年にカール・リンネがこのボレテについて説明したとき、彼はそれをボレタス・ルテウスと呼んだ。その後、1888年に、ルシアンケレットはそれをポルチーニ属から移動し、Ixocomusluteusと名付けました。現在受け入れられている滑りやすいジャックの学名、Suillus luteusは、フランスの菌類学者アンリフランソワアンドゥルーセルによる1796年の出版物(1748年-1812年)に由来します。

Suillus luteusの同義語には、Boletus luteusL。とIxocomusluteus(L.)Quélが含まれます。

Suillus luteusは、Suillus属のタイプ種です。

スコットランドの雨天時のヌメリイグチ

語源

通称SlipperyJack(ただし、ジル、メアリー、ブライアンではなくジャックがなぜか尋ねないでください)は、雨天時のこのキノコのキャップのぬるぬるした性質への明白な言及です-滑らかでセミマットになる傾向があり、したがって、それらは暖かい乾いた呪文の間に特に粘着性ではありません。

特定の形容のルテウスは、ラテン語の接頭辞ので、あいまいなようだリュートは、一般的に(孔は黄色ですが、サフランよりもレモンの黄色)黄色サフラン意味します- ただし、ルテウスの別の意味は汚れているか泥だらけであり、それがこの場合の起源である可能性があります。このための参照ソースがある場合は、お知らせください。一方、一般名のSuillusははるかにわかりやすく、ラテン語の名詞sus(豚を意味する)に由来しています。したがって、ヌメリイグチは「豚の」(豚)を意味し、この属のすべての真菌のキャップの脂っこい性質への言及です。

識別ガイド

濡れたときのヌメリイグチのキャップ

キャップ

左に示すように、濡れていると、この種のキャップはぬるぬるします。暑い晴れた日には、乾燥して滑らかなセミマット仕上げになります。

通常は濃い栗色ですが、場合によってはかなり明るくなり、ヌメリイグチのキャップは直径5〜10cmに成長します。

ヌメリイグチの毛穴

チューブと毛穴

キャップの下には、白いベールがこのボレテのレモンイエローの毛穴を覆っています。ベールが裂けて茎に不規則な輪が残り、しばしばキャップの縁からベールの破片がぶら下がっています。

最初はレモンイエローで、中型の丸い毛穴は年齢とともにシェンナイエローに暗くなります。

ヌメリイグチの茎と輪

直径2〜3cm、高さ5〜10cmの茎は、最初は淡い麦わら色で、リングの上に点状の模様があり、基部近くに茶色の縦方向の繊維が不規則に覆われています。

大きなフロッピーステムリングは最初は白ですが、通常、子実体が成熟するにつれて下面に紫がかった色合いになります。

胞子

亜紡錘状、滑らか、8-10.5x3-3.5μm。

胞子紋

黄土色またはバフ色。

におい/味

特徴的ではありません。

ハビタと生態学的役割

菌根; 湿った、通常は日陰の場所の針葉樹の下。

シーズン

英国とアイルランドでは8月から11月。

類似の種

Suillus grevilleiには、明るい黄橙色のキャップと角のある毛穴があります。カラマツの下で発生します。

料理のメモ

一般的にあまり高く評価されていませんが、ヌメリイグチは完全に調理すると食用になると報告されています。これらの種類のキノコに対する副作用のリスクを減らすために、一部の人々は、ヌメリイグチ属からのすべての種のキャップスキンを廃棄することが有益であると感じました。

参考資料

Fungi、Pat O'Reilly2016に魅了されました

種の鍵を持つ英国のボレテス、ジェフリー・キビー(自費出版)2012年第3版

Roy Watling&Hills、AE 2005. Boletesとその同盟国(改訂版と拡大版)– in:Henderson、DM、Orton、PD&Watling、R。[eds]。英国の真菌フローラ。寒天とボレティ。巻 1.エジンバラの王立植物園。

菌類の英語名のBMSリスト

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。