Lapsana communis、ヤブタビラコ:識別

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-注文:キク目-家族:キク科

ヤブタビラコ、クローズアップog花

ヤブタビラコの通称は、花のつぼみの形に由来しています。庭では、この野生の花はしばしば耕作された土壌に定着しますが、根が浅いので、根絶するのはかなり簡単です。この植物は通常一年生植物ですが、短命の多年生植物になることもあります。

説明

ヤブタビラコは、黄色いタンポポのような花の1つですが、その背の高いワイリーな身長(植物は一般に1メートルの高さで、時にはそれ以上)は、小さな花や乳首のようなつぼみと同様に際立った特徴です。花頭はゆるい円錐花序に配置され、各複合「花」は、典型的には8〜15個の淡黄色の光線の小花で構成され、誤ってはいるものの、花びらと呼ばれることがよくあります。他のタンポポそっくりさんとは異なり、ニップルワートの花の頭はパラシュートのような種子の白い冠毛に成長しません。この植物の果実は、通常4mmの長さの黄褐色痩果です。

ヤブタビラコの果実

上:ニップルワートのバスケットのような果物(痩果)には、それぞれ多くの種子が含まれています。

茎は丈夫でゆるく枝分かれしています。葉は茎の上で交互になっています。葉のない一番下の葉は茎があり、上の葉は茎が短いか茎がありません。葉には歯のある縁があります。

ハビタ

荒れ地でよく見られますが、ヤブタビラコは生け垣、道端の土手、その他の湿気の多い日陰の場所にもコロニーを形成します。

農場の門の横にあるヤブタビラコ

分布

この植物はヨーロッパと南西アジアに自生しており、イギリスとアイルランド全体で一般的です。ヤブタビラコは、北米を含む世界の他の多くの地域で帰化しています。

ヤブタビラコの花、Lapsana communis

開花時期

英国とアイルランドでは、6月上旬からヤブタビラコの繊細な複合花が現れます。花は晴れた日には開きますが、悪天候時には閉じたままです。

ウェールズのヤブタビラコ、Lapsana communis

このページに表示されている植物は、6月と7月に英国ウェールズで撮影されました。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...