Meconopsiscambrica-ウェールズポピー

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-順序:キンポウゲ目-科:ケシ科

ウェールズのポピーの花

説明

この無毛の多年生植物は、羽状に複数に分割された葉を持ち、黄色またはオレンジ色の花が4つの重なり合う花びら、4つの部分からなる柱頭、および多数の葯があります。直径7.5cmの高さの花は、通常高さ40cmですが、時には60cmに達する細い緑色の茎に単独で生えています。

ウェールズのポピー

分布

その名前にもかかわらず、ウェールズのポピーはイギリスの西部とアイルランドの東部に広がっています。それは他の場所での庭の脱出として発生します。この植物はヨーロッパ原産であり、山岳地帯ではスペイン北部とポルトガルの一部まで南に見られます。

開花時期

英国とアイルランドでは、6月から8月にかけてウェールズポピーが咲きます。

岩だらけの設定でウェールズのポピー

ハビタ

ウェールズポピーは特に湿気の多い日陰の場所が好きで、森林が川や小川に接している場所でよく見られます。

下の写真のウェールズのポピーの細かい塊は、ウェールズのモーダッハバレーで撮影されました。

語源

特定の上皮カンブリカはラテン語に由来し、「ウェールズの」を意味します。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...