サンゴ菌Ramariaflaccida

門:担子菌-クラス:真正担子菌-注文:ラッパタケ目-家族:ホウキタケ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

ラマリアフラクシダ

黄土色は若くて新鮮で、年齢とともに褐色になりますが、このサンゴを同じようなサイズと形の他のいくつかのホウキタケ属の種と区別することはすぐに明らかではありません。識別。

他の点では非常によく似たRamariaabietinaとは異なり、この珊瑚菌は傷ついたときに緑色に変わりません。

Ramaria flaccida、ウェールズ英国

分布

英国とアイルランドではめったに見られず、ほとんどの場合イングランド南部で見られますが、Ramaria flaccidaはヨーロッパ本土のほとんどの地域でも発生し、地中海とイベリア半島でますます一般的になっています。この種はアジアの多くの地域でも記録されていますが、これまでのところアメリカでの記録はありません。

分類学の歴史

この森林の珊瑚菌は、1821年にスウェーデンの偉大な菌類学者エリアスマグナスフリースによって説明されました。彼は二名法の学名Clavariaflaccidaを付けました。

現在受け入れられ学名Ramaria flaccidaのこの種を再記述し、属にそれを転送する-フランスの菌類学者ジーン・ルイス・エイミール・バウジャー(1920 1828)は1898年からの日付Ramaria

Ramaria flaccidaの同義語には、Clavaria flaccida Fr.、およびClavariella flaccida(Fr.)P.Karstが含まれます。

語源

Ramaria、一般名は、から来ているラム-接尾辞で、枝を意味する-アリアposessingを意味するかが備わり。ホウキタケ属のサンゴ種は確かに多くの枝を備えています。

むしろ、特定の鼓膜弛緩部は、(強靭または硬直ではなく)たるみまたは弛緩を意味し、この森林のサンゴ菌のテクスチャーを説明します。

識別ガイド

Ramaria flaccida、ペンブルックシャー、ウェールズ

子実体

高さ6cm、幅4cmまで、長さ1.5cm、通常は直径4mmの大部分が埋めら​​れた茎から繰り返し枝分かれします。黄土色の枝は通常、地面の近くから始まります。枝には長い黄褐色の先端があり、それは著しく「しわが寄っている」。

子実体の基部は通常、糸状のクリーム色のリゾモルフまたは菌糸体の小さなシートに囲まれています。肉は白いです。

ホウキタケ属の胞子

胞子

楕円形、6.5-8.5 x 3-5 µm、とげのある疣贅で装飾。アミロイド。

胞子紋

黄。

におい/味

臭いはありませんが、通常は少し苦い味がします。

ハビタと生態学的役割

針葉樹と非常にまれに広葉樹(特にオーク)の下。

シーズン

英国とアイルランドでは7月から11月。

類似の種

Ramaria abietinaは通常やや短く、傷つくと緑がかった色になります。ほとんどの場合、トウヒの木に関連しています。

料理のメモ

Ramaria flaccidaは実体がなく、一般的に食べられないと考えられています。Ramaria flaccidaに非常によく似ているいくつかの種は、有毒であることが知られていることに注意してください。

参考資料

パット・オライリー、Fungi魅了された、2016年。

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。