Ophrys bombyliflora-バンブルビーオーキッド-(ラン科)

門:被子植物-クラス:ユリ綱-注文:ラン目-家族:ラン科

バンブルビー蘭の植物

上:アルガルヴェのバンブルビー蘭の植物

この蘭は地中海全体に広がっていますが、私たちの経験では、東に行くほど一般的ではありません。ポルトガルのアルガルヴェ地方では、このような頻度で大量に発生するため、見逃すことは事実上不可能です。

説明

通常、非常に短い植物ですが、バンブルビーオーキッドは、背の高い植物と光を奪い合う場所で、高さ35cmまで成長する可能性があります。花は非常に特徴的で比較的大きな楕円形の緑色のがく片と小さな三角形の花びらを持っており、それらは時々青銅色を帯びています。唇は3葉で茶色がかっており、青みがかった検鏡が付いていることもありますが、常に存在するとは限りません。以下を参照してください。このオフリス種は、他の多くの種とは異なり、紛れもないものであり、識別に関してはほとんど混乱がありません。虫媒花ですが、大きなコロニーの構築に成功した主な理由は、多数の根塊茎を介して栄養繁殖することです。

分布

地中海地域全体に見られますが、西部ではより多く見られます。

ハビタ

Ophrys bombylifloraは石灰質の基質を好みます。これが、地面が砂で砕いた貝殻の含有量が多いアルガルヴェの海岸で非常に一般的である理由の1つです。また、バロカルの荒地や放棄された農地でも発生します。

バンブルビーオーキッドのクローズアップ

このクローズアップ写真は、種の深く分割された唇を示しています。

開花時期

この蘭は季節の早い時期に開花し、2月から4月の初めによく見られます。

上記の標本は、3月中旬にポルトガルのアルガルヴェで撮影されました。

参考資料

植物リスト

スーパーカー(2014)アルガルヴェの野生の蘭-どこで、いつ、どのようにそれらを見つけるか; ファーストネイチャー

クリス・ソログッドとサイモン・ヒスコック(2014)アルガルヴェの野花のフィールドガイド; キューパブリッシング

ヘンリク・ペデルセンAErenlund&ニールスFaurholdt(2007)Ophrys -ヨーロッパのビー蘭。キュー

Pierre Delforge(2005)ヨーロッパ、北アフリカ、中東の蘭。A&Cブラック

Les Orchidees de France、Belgique et Luxemborg ; パルテノペコレクション

アンジェラ・ロッシーニとジョヴァンニ・キアダモ(2003)Orchidee Spontanee nel Parco Nazionale del Gargano ; Centrografico Francescano

クラウディオ・デル・フオコ(2003)Orchidee del Gargano


この情報がお役に立てば、ウェールズの野生の蘭、バレン、アルガルヴェの本もお勧めです。著者が署名したコピーはこちらから入手できます...