Myosotis arvensis、Field Forget-me-not:識別、分布、生息地

門:被子植物-クラス:トクサ綱-注文:挿入種sedis-家族:ムラサキ科

フィールドワスレナグサ

説明

フィールドワスレナグサの花は、直径3〜5 mmで、灰色がかった青色(場合によってはピンクがかった)の花びらがあります。湾曲した開花茎は展開し、連続した5葉の花を表示します。葉や茎はやわらかく毛深いです。茎のある細長い楕円形の葉の基本的なロゼットは、通常、花が開くまでに縮みますが、上部の細い葉は茎がなく、茎に沿って交互になります。植物は根元から枝分かれし、40cmの高さに成長することができます。

分布

この一年生または二年生植物は、古代に英国に導入されたと考えられており、現在では英国とアイルランドのほとんどに広く普及しています。Field Forget-me-notはヨーロッパ本土の多くの地域でも見られ、その東の範囲はアジアの大部分に広がっています。

フィールドワスレナグサ、キンポウゲ、トラックサイド草原のブルーベル

開花時期

Field Forget-me-notは、英国とアイルランドで4月から10月に花を咲かせますが、花は春に最高の状態になります。

ハビタ

耕作可能な土地やその他の荒れた乾燥した生息地の野花であるFieldForget-me-notは、道端、森林の端、生け垣、崩れかけた壁にもよく見られます。このページに示されている植物は、ウェールズ西部のペンブルックシャーの乾燥した線路沿いの草地で育っていました。

語源

ワスレナグサ属の名前は「マウスの耳」を意味し、葉の形と毛羽立ちを指します。特定の上皮アーベンシスは「フィールドの」を意味します。

類似の種

初期のワスレナグサMyosotisramosissimaは、乾いた草が茂った生息地を好みます。その花は小さく、花びらは融合しています。

他のミオソティス

ヨーロッパ、アジア、オーストラリア、北アメリカでは、ワスレナグサ属に数十の受け入れられた種があり、その多くは英国とアイルランドで発生します。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...