Borago officinalis、ルリヂサ:識別、分布、生息地

門:被子植物-クラス:トクサ綱-注文:挿入種sedis-家族:ムラサキ科

Borago officinalis、ルリヂサ

なぜこんなに素敵な野花が恥ずかしそうに頭を下げなければならないのかは謎ですが、ルリヂサの垂れ下がった花は横になった状態から見るのが一番です。

説明

高さ60cmまでの、この剛毛の一年生草本は、歯のある波状の縁を持つ楕円形の葉を尖らせています。ルリヂサの鮮やかな青い花は、それぞれ5つの先のとがった後ろに反った花びらと、紫黒の先端の葯の延長された柱を持ち、幅2〜12.5mの範囲で、ゆるいクラスター(サイム)で成長します。

Borago officinalis、ルリヂサ、ポルトガルのアルガルヴェ地方

分布

このゴージャスな植物は、イギリス南部のいくつかの道端と荒地に設置されており、夏には料理用のハーブとして栽培されています。ルリヂサは、ポルトガルのアルガルヴェを含む南ヨーロッパの地中海地域全体で一般的であり、毎年種子から繁殖するだけでなく、越冬することもできます。

Borago officinalis、ルリヂサ、道端の邪魔された寸前

ハビタ

Borago officinalisは、休耕耕作地、乱れた道端、荒地の野花です。日当たりの良い場所で繁栄し、乾燥期には驚くほどうまく対処します。

ブルーミングタイムズ

ルリヂサは3月から6月にかけて地中海の原産地に咲きますが、イギリスとアイルランドでは夏の間ずっと咲きます。

用途

当然のことながら、ルリヂサは主に観賞用植物として栽培されていますが、その葉は飲み物、特にピムスの風味付けに使用されています。最近では、植物はその油分が豊富な種子のために栽培されています。

語源

古代の属名ボラゴの起源は時間の霧の中で失われているようですが、特定の上皮オフィシナリスは、この植物が薬効があると考えられていたことを示しています。

類似の種

ルリヂサは、地中海地域全体で広く発生するこの家族の多くのメンバーの1つです。さらに深い青い花を持つ別の一般的な種は、Anchusa azurea(ラージブルーアルカネット)です。

このページに表示されているルリヂサの植物は、3月上旬にポルトガル南部で撮影されました。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、アルガルヴェの野生生物や野花についての本もお楽しみいただけます。ここでオンライン購入...