ホリーブルーバタフライ、Celastrina argiolus、識別ガイド

門:節足動物門-クラス:昆虫綱-注文:鱗翅目-科:シジミチョウ科

ホリーブルーバタフライ、Celastrina argiolus

3cmの翼幅とスカイブルーのアッパーウィングが黒で縁取られており(オスでは狭いボーダー、メスでは広いボーダー)、ホリーブルーはいわゆる「ブルース」の中で最も特徴的なものの1つです。下翼は非常に淡いアイボリーブルーで、黒い斑点があります。春に出現する成虫は4月、5月、6月に飛ぶため、荒れた草原、森林の端、公園でよく見られます。

ホリーブルーバタフライ、Celastrina argiolus、アンダーウィング

ホリーブルーの通称は、春になるとメスの蝶がホリーの木や茂みの花のつぼみの付け根に卵を産むことから生まれました。出現した幼虫は、ホリー、ヘザー、ハナミズキ、スピンドルなど、さまざまな植物の葉に特徴的な穴を開けます。

ホリーブルーバタフライ、Celastrina argiolus、翼の下の景色、翼が開いている

分布

ホリーブルーは、イングランド中部と南部、アイルランドとウェールズで広く見られ、かなり一般的ですが、イングランド北部では希少であり(ただし、明らかに増加している)、スコットランドの一部で時折放浪者としてのみ発生します。他の場所では、このかわいい蝶は一般的で、スカンジナビア北部から地中海に至るまで、ヨーロッパのほとんどの地域に広がっています。ホリーブルーの範囲は北アフリカにまで及び、アジアの一部と北アメリカからも記録されています。

イラクサの花のホリーブルーバタフライ

ライフサイクル

卵はホリーのつぼみの付け根に単独で産み付けられ、緑の幼虫(ピンクがかった茶色のマーキングが付いていることが多い)は3週間以内に1.2cmの長さに成長します。その後、葉や茎に付いた長さ約9mmの茶色のクリサリスとして蛹化します。成虫は、気温にもよりますが、通常2〜3週間以内に春に出現します。英国とアイルランドでは、6月下旬から10月上旬にかけて翼に夏のひなが見られます。この蝶は蛹の状態で越冬します。

ホリーブルーバタフライ、翼が開いている

謝辞

このページには、SimonHardingから寄稿された写真が含まれています。

蝶と蛾の研究...


この情報がお役に立てば、PatO'Reillyによるベストセラーの本MatchingtheHatchの新しい2017年版が非常に役立つと思います。ここであなたのコピーを注文してください...

他の自然のブックファーストネイチャー...