Umbilicus rupestris-Navelwort

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-注文:ユキノシタ属-家族:ベンケイソウ科

ブナの木の根元にあるUmbilicusrupestris、Wall Pennywort

この多年生の野花はイギリスの西部でのみ一般的であり、アイルランド全土で見られます。ウォールペニーワートは、ポルトガル南部のアルガルヴェ地方を含む温暖な気候でも繁栄します。

説明

茎のある多肉多肉の葉は、そのほとんどが基本的なロゼットとして成長し、直径1〜8cmの範囲で、丸く、しばしばわずかにスカラップ状のエッジを持っています。ペニーワーという名前は、葉の形と典型的なサイズを指し、プレを指します。 -もちろん、10進ペニー!各葉には浅い中央のくぼみがあります-したがって、他の一般名の1つであるNavelwortです。5枚の花びらの管状の花は丈夫な茎に沿って成長し、スパイクの底から開きます。高さ25cmまでの花のスパイクは非常に一般的ですが、高さ10〜20cmがより一般的です。古い植物はいくつかの花の茎を生成することがあります。

Navelwort

ベンケイソウ科の一員であるこの多肉植物は、葉がチューブに結合されています。Navelwortは、Wall Pennywortとも呼ばれ、壁や急な土手、特に恒久的に湿った日陰の場所でよく見られます。

壁Pennywprt、Umbilicusrupestrisの赤みがかった花のクローズアップ

上:ウォールペニーワーのピンクがかった鐘のような花。これは彼らが得るのと同じくらい広く開かれています。

日光と干ばつにさらされると、葉は丸くなり、茎と花は赤みがかった色に変わりますが、湿った日陰の場所では、植物全体が緑色を保ちます。

Navelwort花、クローズアップ

日陰の状況では、5月に最初にナベルワートのベル型の花の淡いスパイクが現れ、夏の間は緑色の果実が熟して茶色に変わります。

北ウェールズのNavelwort

ハビタ

壁ペニーワーは、湿った海岸の崖、道端の土手、大きな木の幹の近く、特に庭の壁や畑の境界の乾いた石の壁の隙間から成長します。

開花時期

英国とアイルランドでは、Umbilicus rupestrisが5月、6月、7月上旬に花で見られます。茶色の果実をつけた乾燥した茎は夏から秋にかけて存続し、次の春に新しい花の穂が現れ始めると時々無傷のままになります。

真っ赤な色合いの壁ペニーワー

南ヨーロッパでは、暦年の初めからウォールペニーワーが花で見られ、果実は通常4月上旬までに熟します。

ウェールズ西部の道端の壁にあるUmbilicusrupestris、Wall Pennywort

このページの上の写真は6月と7月にウェールズで撮影されたもので、下の写真は3月に撮影されたもので、ポルトガル南部のアルガルヴェ地方の農場の屋根で育つウォールペニーワートを示しています。

ポルトガル南部、ウォールペニーワート

用途

ウォールペニーワートの葉は一年中見つけることができ、サラダに使用する人もいます。塩辛いレタスのような味がしますが、メロンやキュウリの甘さがあります。

類似の種

マーシュペニーワー、Hydrocotyle vulgarisは、へそのような葉が似ていますが、ウォールペニーワーの近親者ではありません。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...