Carpinus betulus、シデの木、識別ガイド

門:被子植物-クラス:モクレン綱-目:ムクロジ目-家族:カバノキ科

古代のシデ

イングランド南東部に自生し、イギリス諸島の他の場所に導入されたシデは、非常に硬い木材を提供します。非常に硬いため、一般名のアイアンウッドを取得しました。ホーンビームスの木材は、初期の機械で木製の車軸のカートホイールとギアを作るための伝統的な原材料でした。

一見すると、(英国とアイルランドのほとんどの地域ではるかに一般的な)ブナの木、Fagus sylvaticaと非常によく似ており、頻繁に混同されますが、シデは見落とされがちです。それらの葉はブナの葉と比較してかなり小さく、静脈の間により深く畝がありますが、それ以外は同じような形と色です。

メインの写真は、ハンプシャーのモティスフォント修道院にある古代のシデを示しています。成熟したシデは幹に溝があり(下)、ブナは滑らかではるかに規則的です

古いシデの溝付きトランク

ホーンビーンズとブナの最も明白な違いは、種子が現れるとすぐに明らかになります。シデの種子には羽があり、風に頼って親の木から遠くに分布しますが、ブナの木の種子には羽がありませんが、代わりに外側のケース(一般にブナのマストとして知られています)には動物の毛皮に絡まる棘があります。これにより、種子の少なくとも一部が原産地から遠く離れて運ばれることが保証されます。

イングランド南東部では、セイヨウシデは人気のある生け垣の茂みです。定期的に刈り込むと、枝が密に絡み合うためです。また、ブナのように、シデの生け垣は冬の間、枯れ葉を保持する傾向があります。

たとえば、RHSウィスリーでは多くの細かいシデの生け垣を見ることができます。

シデの葉

シデの深く畝のある葉

葉はブナの木よりもはるかに畝があります。ここに描かれている葉は春に撮影されました。夏が春から引き継ぐにつれて、彼らは暗くなります。

セイヨウシデの翼のある種子

Carpinusbetulusの翼のある種子

セイヨウシデの種子を運ぶ翼は春に現れ、種子は後で太ります。

シデの木に関連する菌類

シデには、Cortinarius、RussulaLactarius菌など、一般に呼ばれているウェブキャップ、脆性鰓、ミルクキャップなど、多くの外生菌根(EM)菌のパートナーがいます。珍しいボレテStrobilomycesstrobilaceusは、Old Man of the Woodsと呼ばれることもあり、古いシデの枝の下に時々見られるEMパートナーの1つです。