Stachys officinalis、ベトニー:識別、分布、生息地

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-注文:シソ目-科:シソ科

Betony、Stachys officinalis、ブルガリア

私たち(そして蝶)が夏まで姿を現すまで待たされる比較的少数の野花のほとんどは待つ価値があり、美しいベトニーも例外ではありません。

説明

やや長方形で直径約3cmのベトニーの花の頭は、ほとんど葉のない茎にあります。植物は時折60cmの高さに成長しますが、30cmがより一般的です。長さ12〜18mmの二葉の花は美しい赤紫色です。

Betony、Stachys officinalis、花のクローズアップ

分布

この印象的な野花は、イングランド南部とウェールズのほとんどでかなり一般的ですが、イギリス北部と、南西部を除くアイルランドのほとんどでは見られません。ベトニーはヨーロッパ、アジア、北アフリカ原産ですが、ハーブ療法で使用される多くの植物と同様に、他の多くの温帯地域に導入されています。

ハビタ

ベトニーは低地の野花で、日当たりの良い土手や生け垣、荒野や、時には耕作地の邪魔されない縁を含む他の草地など、乾燥した軽い土壌を好みます。

ベトニーは、幽霊、ゴブリン、その他の歓迎されないゲストを追い払う力があると信じて過去に植えられた、古い田舎の教会の墓地でよく見られる光景です。

ブルーミングタイムズ

英国とアイルランドでは、ベトニーは6月下旬に登場し、9月末まで咲き続けます。

Betony、Stachys officinalis、ウェールズ

用途

過去には、さまざまな薬効と魔法の力がベトニーに起因するとされていました。ローマ人はそれを頭痛の治療に使用し、中世には魔術に対する保護として機能すると考えられていました。

語源

属名であるStachysは「花のスパイク」を意味し、この属の植物は確かにスパイクの形で花を生産します。文字通り公式を意味する特定の上皮オフィシナリスは、この植物が貴重な製薬/薬効があると認識されたことを示しています。

類似の種

ヘッジWoundwort Stachys sylvaticaのとマーシュWoundwort Stachys palustrisは、身長や形で類似しているが、花のそれらの渦巻きは、はるかに広い間隔であり、その花の上部リップは、一般に、よりフードです。

このページに表示されているベトニーの花は、6月にブルガリアで、7月にウェストウェールズで撮影されました。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...