スペインヒョウモン、Issoria lathonia、識別ガイド

門:節足動物門-クラス:昆虫綱-順序:鱗翅目-科:タテハチョウ科

スペインヒョウモン、Issoria lathonia

スペインヒョウモンは、翼幅が3.8〜4.5cmの大きくて特徴的な蝶です。その後ろ翼は他のほとんどのバイモよりも鋭角であり、上翼には丸い斑点が規則的に並んでいます。後翅の下側は大きな真珠のような斑点で飾られています-ちょうど下の写真で見ることができます。

スペインの女王スペインヒョウモン、Issoria lathonia、下翼の斑点を示す

分布

スペインヒョウモンは、イギリス南部への非常にまれな移民です。その在来種は、スカンジナビアの極北を除いて、ヨーロッパ本土のほとんどをカバーしており、南はアフリカ北部に、東はアジアを経由して中国東部にまで広がっています。

ハビタ

この移民種は、ヒースランドやハーブが豊富な牧草地など、主に乾燥したさまざまな生息地に見られますが、耕作可能な作物のある畑、岩が多い丘の斜面、森林の端にも見られます。

ライフサイクル

スペインヒョウモンの幼虫の食用植物は、下の写真に示すように、さまざまなスミレ、ビオラ種ですが、特にビオラアルベンシスビオラトリコロールです。年間3羽のひながあり、3月下旬から10月にかけて成虫が飛んでいます。成虫の蝶は、さまざまな野花から蜜を取りますが、最も顕著なのはさまざまな種類のアザミです。

スペインの女王スペインヒョウモン、Issoria lathonia、幼虫の食用植物Viola種

このページに表示されている標本はブルガリアで撮影されたものです。

蝶と蛾の研究...


この情報がお役に立てば、PatO'Reillyによるベストセラーの本MatchingtheHatchの新しい2017年版が非常に役立つと思います。ここであなたのコピーを注文してください...

他の自然のブックファーストネイチャー...