野生の鹿-英国の種へのガイド

門:脊索動物門-クラス:哺乳類-目:偶蹄目-科:シカ科

ノロジカ

1980年代後半まで、ウェールズで唯一の野生または野生の鹿はダマジカであり、ウェルシュプール近くのポウイス城から逃げ出したレッドディアはごくわずかでした。これはすべて、1980年代にイギリスのラドロー地域で放流されたノロジカが国境を越えてウェールズにやって来て、1989年までにランドリンドッドウェルズとほぼ同じ西のポウイス中部の地域に存在したときに変わりました。ほぼ同時に、行進曲で奇妙な動物が現れたホエジカの最初の報告がありました。

ウェールズのシカの最新の調査がウェールズディアイニシアチブによって実施されたとき、注目すべき発見は、すべての種がその範囲を拡大し、特に卵とホエジカがウェールズ中部と南部の多くの地域に劇的に広がったということでした。

男性だけの

現在、ウェールズには野生の鹿や野生の鹿がいない地域が2つしかありません。最初の地域は、ごく最近までアングルシー島に野生のダマジカがいて、卵とホエジカがこの地域に押し込んでいるにもかかわらず、北西の隅にあります。南グラモーガンの古い郡の多くは、ここでもムンチャクが現れるまでそう長くはかからないでしょう。

ダマジカ

休閑地は英国固有のものではありませんが、少なくとも2000年前から存在しています。彼らは全国の鹿公園の一般的な斑点のある鹿です。ウェールズで最も一般的な鹿であり、ワイ渓谷とモンマスシャー東部、ランデイロとカーマーゼンの間のトゥイ渓谷、セントアサフ地域のエルイ渓谷、ポートタルボット近くのマーガムパークに隣接する森林に長い間拠点を築いてきました。グウィネズとポウイスのCoedyBreninの森。また、北ウェールズのほとんど、テイフィ渓谷の下部、および英国の国境に沿って少数で出現します。

休閑地は肩で最大38インチ(0.9 m)に立ち、オスまたはバックスは成熟した動物の上部で手のひらにされる長い枝角を運びます。彼らは多くの異なる色を持っています。最も一般的な色は夏の赤褐色で、白い斑点がいくつかあり、これらは背骨の線に沿って濃くなります。冬になると、これは少し暗くなり、くすんだ色になり、斑点がはっきりしなくなります。彼らは明確な尾側パッチを持っており、これは黒の縁取りのある白です。他のカラーバリエーションは、ほぼ黒から白の範囲で、一部の地域ではメニルと呼ばれる通常の色の非常に薄いバージョンがあります。いくつかの色の動物が1つの群れに存在する可能性がありますが、現在、異常な色はより目立ち、密猟者を引き付ける可能性があるため、それらを撃ち抜こうとする傾向があります。

軽度に警戒している休閑地には、プロンキングの習慣があります。これは、足が硬い歩行で、まるでホッピングに乗っているように見えます。これはフルフライトの前兆です。彼らは10月にわだち掘れをし、領土を保持しているドルは、特に夜明けと夕暮れに、豚のうなり声とげっぷの間の一種の交差であるうめき声を出すとき、非常に声高です。この音は0.5マイル以上続き、それが何であるかを知らない人にとっては非常に憂慮すべきことです。

草地の群れや森林近くの作物で放牧されることがよくありますが、休閑地はその習慣に気まぐれであり、2日間連続して同じ場所に現れることはめったにありません。子鹿は6月に落とされ、7月以降、群れに再び加わったときに母親と一緒に見ることができます。

レッドディア

これらは最大の英国の鹿であり、ランドシーアのグレン君主の主題です、成熟したクワガタが肩にほぼ48インチ(1.2m)立っており、大きな森のクワガタは最大500ポンドの重さがあり、英国で最大の陸生哺乳類になります。レッドディアはウェールズの元々の住民でしたが、それらの先住民はずっと前に死にました。ウェールズでは、ウェルシュプール近くのポウイス城からの脱出によってレッドディアが再建されましたが、この地域ではまだ少数の野生動物が生き残っています。最近、ウェールズの他の地域でのシカの養殖の増加に伴い、より多くの逃避行があり、現在、モンマスシャー北部、リーン半島南部、およびディベドの2つの地域に野生動物の個体数が存在する可能性があります。スコットランドの開いた丘で最も頻繁に見られますが、彼らは自然に森の動物であり、樹木が茂った環境を好みます。

彼らの名の通り、彼らは色がフォクシーレッドであり、雄鹿は大きな多尖った枝角を持っています。彼らは通常9月下旬または10月上旬にわだち掘れし、クワガタはその地域の他のクワガタに挑戦します。一旦その地域に定着すると、クワガタが後部(雌)を見つけるためにある程度の距離を移動するとき、彼らはわだち掘れ以外にはあまり遠くに移動しない傾向があります。一年のほとんどの間、雄鹿は独身のグループに住んでいて、後ろと子牛を放っておいてください。彼らは6月に子牛を落とす傾向があります。子牛は生後数ヶ月間、多くの白い斑点を持っています。

ノロジカ

ノロジカであるCapreoluscapreolusも英国固有の鹿ですが、数世紀にわたってウェールズに生息していなかったため、スコットランドでは常にかなり一般的でしたが、20世紀まではイングランドの3つの地域、ドーセット、サセックス、湖水地方。理由は不明ですが、20世紀後半に人口が急増し、現在はイギリスで非常に広まっており、1980年代半ばには、イギリスの国境を越えてモーティマーフォレスト地域のウェールズに押しやられました。最近の調査によると、現在、イギリスの国境から西のカーディガン湾の海岸から15マイル以内、北のA55、南のヘッズオブザバレーズロード、そしてケレディジョンの海岸までの地域の大部分を占めています。

ノロジカ、ニューフォレスト

RoeDeerはRedDeerと似た色ですが、はるかに小さく、ラブラドールより少し大きいです。木びき台は、成熟した木びき台にそれぞれ3つのポイントがある小さな枝角を運びます。かわいくて優雅な鹿ですが、休閑地や赤のような群れの動物ではありません。個体数が多い場合、冬には最大6〜7頭のシカの小グループで見ることができますが、現在はウェールズの広い地域で見ることができますが、個体数はまだかなり少なく、単一の動物が目撃される可能性が最も高いです。 。彼らは大きな鹿のような深い森の生息地を必要とせず、ヒースの荒れ地、生け垣、小さな雑木林、さらには郊外の庭や森に住んでいてとても幸せです。彼らは夜明けと夕暮れに野原で放牧しているのを頻繁に見ることができます。

ノロジカ、ハンプシャー英国

バックスは春に領土を確立し、若いバックスは居住者のバックスによって押し出され、これがこれらの鹿の広がりの大部分を占めています。7月/ 8月のRoeのわだち掘れと、バックスが絶えず追いかける行為により、芝生に円形のトラックが着用され、これらはしばしばフェアリーリングと呼ばれます。彼らは特に声が出ないので、赤鹿やダマジカと同じようにわだち掘れの間に彼らの存在を裏切る可能性は低いです。ただし、ボルトを締める前に、疑わしい音や動きに吠えます。

ムンチャク鹿

この鹿は英国原産ではなく、東南アジアとインドの鹿です。それは19世紀後半にベッドフォードシャーのウォーバーンからリーブスムンチャクのいくつかの脱出にその起源があります。かなり長い間、ウォーバーンの半径20マイルからはほとんど広がりませんでしたが、卵のように、20世紀の後半に突然その範囲が劇的に拡大し始め、今ではおそらくイングランドとウェールズで広く見られる鹿です。それは1970年代後半にウェールズで最初に出現し、モンマスシャーで非常に時折(そして信じられない)目撃されました。調査によると、現在ウェールズのM4回廊全体の両側約15マイルに存在し、北東ウェールズとスノードニアの他の個体群もいます。

肩に立っているのは約24インチ(0.3m)以下の小さな鹿で、うさぎやうさぎの横顔に似た、腰を下ろしたしゃがみ姿勢をしています。バックスは、拡大した茎からの非常に小さな単一のスパイクの角を遊ばし、一部の人はそれらを非常に醜い獣と見なします。彼らは広葉樹林、立ち作物、鉄道の堤防から裏庭まで、ほとんどすべての環境に住み、ウサギに起因する園芸植物への被害の原因となることがよくあります。彼らは固定されたライフサイクルを持っておらず、事実上一年のどの月にも子鹿がいる可能性があります。それらはかなり孤独であり、いくつかの森は高密度のホエジカを保持することができますが、それらは通常、単一の動物として見られるか、足元に子鹿がいます。驚いたとき、彼らは犬のように大声で吠え、大きな白い尻尾を上げてすぐに逃げます。彼らが行くにつれてしばしば吠える。

ニホンジカ

これらもアジアからの移民であり、日本のシカまたはニホンジカと呼ばれることがよくありますが、すべてのシカが日本の亜種であるとは限りません。それらは、休閑地とほぼ同じサイズの、赤い鹿の小さいバージョンのように見えます。それらはレッドディアと密接に関連しており、実際、スコットランドではレッドとの交雑が大きな問題となっています。非常に珍しい中国のキバノロを除けば、それらは私たちの野生の鹿の中で最も普及しておらず、イギリスでは一般的にドーセット、ニューフォレスト、ランカシャー、湖水地方の小さな地域に限られています。それらは一般的にウェールズに存在するとは見なされていませんが、潮汐のテイフィ沿いの沼地にニホンジカが生息しているという最近の報告があります。

PaulKingから寄稿されたテキスト。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、アルガルヴェの野生生物や野花についての本もお楽しみいただけます。ここでオンライン購入...