Piptoporus betulinus、カンバタケ菌

門:担子菌-クラス:真正担子菌-順序:タマチョレイタケ-家族:Fomitopsidaceae

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

Piptoporusbetulinus-カンバタケまたはかみそりのストロップ菌

この大きな多孔菌は、枯れたまたは生きている白樺の木の側面にある小さな白い球形の腫れから発生します。床屋は、これらの多孔菌の表面から切り取られた丈夫で革のようなストリップで、カットスロートカミソリを「ストラップ」または研ぐために使用されていたため、カミソリストロップ菌として知られるようになりました。

チロルで発見され、アイスマンの愛称で呼ばれる5,000歳のミイラは、首のひもにこの真菌を2つ持っていました。その目的が、かみそりを研ぐことであった可能性は低いようです。

Piptoporusbetulinus-カンバタケまたはかみそりのストロップ菌。 イギリス、ケンブリッジ

1991年9月、オーストリアとイタリアの国境にあるオッツタールアルプスのシュナールシュタル氷河から出現し始めたときにハイカーによって凍ったミイラ化した死体が発見されたエッツィは、現在、南チロル考古学博物館に展示されています。ボルツァーノ(南チロル、イタリア)。

バーチポリポアは、初期の人間がフリントストーンなどの火花を発生させる道具を使って新しいキャンプ場でキャンプファイヤーを開始するためにも使用しました。Fomesfomentarius、Tinder Fungus、HoofFungusも同様です。

これらの多孔菌は両方とも、輸送中に非常にゆっくりとくすぶり、新しい場所に到着すると炎に煽られる可能性があるため、乾燥した形で場所から場所へと火を運ぶために使用されました-試合やガスライターの前の日に大きな助けになります..

分布

英国とアイルランドで非常に一般的なカンバタケ菌は北半球全体に見られますが、多くの明らかに同一の真菌と同様に、北米で発生する形態が本当に同じ種であるかどうかはまだ不明です(したがって、交配)ヨーロッパで見つかったもの。

Piptoporusbetulinusの若い子実体-カンバタケまたはかみそりのストロップ菌

分類学の歴史

1753年にカール・リンネはこの菌を説明したように呼ばポルチーニのsuberosus、以降フランスの菌類学者ジャンバプティストフランソワ(ピエール)Bulliardはに特定の形容を変更betulinus -バーチツリーへの参照(カバノキの属)が発生したが。

また、1821年に、この非常に一般的で広範囲にわたる多孔菌をタマチョレイタケ属に移し、そこでさらに60年間平和に休息したのもブリヤードでした。その後、1881年に、フィンランドの菌類学者ペッターアドルフカルステン(1834〜1917)は、カンバタケを彼が作成した新しい属Piptoporusに移しました。この属には、他の2種だけが生息しており、どちらもまれです。英国。

Piptoporus betulinus(左に描かれている若い子実体)は、Piptoporus属のタイプ種です。)

バーチポリポアPiptoporusのbetulinusは含め世紀ダウンいくつかの同義語を集めているAgarico-pulpaのpseudoagaricon Paulet、ポルチーニsuberosus L.、ポルチーニbetulinusブル。、ポリポラスのbetulinus(ブル)神父、およびUngulinaのbetulina(ブル)パット。

英国では、これはすべての大型ブラケット菌の中で最も一般的であり、他のブラケット菌と一緒に白樺の木がより一般的になる前に、はるか北に行く必要があります。(ツンドラで白樺が成長する北極圏では、ツリガネタケまたはツリガネタケが最も一般的な白樺のブラケットになります。)抗生物質ピプタミン(化学式(C 20 H 35 N 3))は、このブラケット菌を介して生成されます。おそらく、アイスマンのオッツィはそれが薬効があると考えました。

語源

一般名Piptoporusは、これらの菌類は(から毛穴持っていることを意味-porus接尾辞)とその(からPIPT -ギリシャ語の動詞から来ているプレフィックスpiptein彼らは簡単に着脱可能であるか、落ちる「落下する」という意味を)。特定の上皮であるbetulinusは、「白樺の木」を意味します。私はこれをすべて、これらが多孔菌であり、宿主の木に弱くしか付着していないことを意味すると解釈します(細孔層がブラケットの残りの部分から簡単に除去できるのではなく、私の経験では絶対にそうではありません)。

識別ガイド

かみそりStrop菌の側面図

キャップ

この非常に一般的な多孔菌は、最初は灰色がかった茶色で、ほぼ球形で、成熟するにつれて上部が平らになり、下部が白くなります。

直径10〜25cm、完全に成熟すると厚さ2〜6cmの子実体は単独で発生しますが、同じホストツリー上に複数あることが多いため、遠くから見ると一連の階段のように見えます。

かみそりストロップ菌-肥沃な毛穴表面

チューブと毛穴

小さな白いチューブは、1mmあたり3または4の密度で一緒に詰められています。それらは1.5から5mmの深さで、年をとるにつれてバフに変わる白い毛穴で終わります。

胞子

円筒形から楕円形、滑らか。4-6x1.3-2μm。

胞子紋

白い。

におい/味

苦い味わい、これらの多孔菌を切ると、かすかなが不快ではない「キノコのような」臭いがします。

ハビタと生態学的役割

Piptoporus betulinusは、ほとんどの場合、枯れたまたは枯れかけている白樺の木に限定されています。括弧は毎年恒例ですが、1つの冬を通して続く可能性があります。

カンバタケは生きている木に寄生しますが、木が枯れるとサプローブとして生きることもできるため、その後、幹が腐るまで実を結ぶことができます。

シーズン

これらのブラケット菌は一年中持続するのを見るかもしれませんが、それらは一年生植物であり、英国では夏の終わりと秋に胞子を放出します。

類似の種

成熟した標本は、アミヒラタケ菌、Polyporus squamosusに非常によく似た形をしていますが、独特の色と白樺の幹への特定の制限のため、この多孔菌を他の種と混同することは困難です。

Piptoporusbetulinusの成熟した子実体-カンバタケまたはかみそりのストロップ菌

料理のメモ

これはタフで苦い菌です。若い標本は食用であると報告されていますが、質が低く、収集する価値がないと私は考えています。

参考資料

マテック、C。、およびウェーバー、K 。木の木の腐敗のマニュアル。樹木文化協会2003。

パット・オライリー、Fungi魅了された、2016年。

Capasso L(1998年12月)、「5300年前、Ice Manは天然の下剤と抗生物質を使用していました」、Lancet 352(9143):1864

Schlegel B、Luhmann U、HärtlA、GräfeU。(2000年9月)、「Piptamine、Piptoporus betulinus Lu 9-1によって生成された新しい抗生物質」、J Antibiot(東京)53(9):973–4

菌類の英語名のBMSリスト

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。