アカヤマタケ、ワックスキャップキノコ、識別

門:担子菌-クラス:真正担子菌-注文:ハラタケ目-家族:ヌメリガサ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

Hygrocybe helobia

ベニヤマタケの小さな種の1つであるHygrocybehelobiaは、耕作された草地や森林地帯で非常にまれに見られます。

赤いワックスキャップは、巨視的な文字だけで分離するのが難しいことで有名です。そのため、種に1つ以上の機能があり、他のワックスキャップとほとんどまたはまったく共有されていない場合に非常に役立ちます。Hygrocybehelobiaの砕いた鰓はニンニクのようなにおいがします。(臭いを検出するために、しばらくの間、材料を密封された箱に入れる必要があるかもしれません。)

分布

Hygrocybe helobiaは珍しい発見ですが、英国とアイルランドのほとんどの地域に広く分布しています。この種は、英国の他のどこよりもスコットランドでより一般的に見られます。Hygrocybe helobiaは、ヨーロッパ本土のほとんどの国と北アメリカの一部でも記録されています。

Hygrocybehelobiaワックスキャップのグループ

分類学の歴史

Hygrocybe helobiaは、waxcap種のリストの比較的新しいものです。そのバシオニムは、Hygrophorus helobiusとして、1974年にオランダの菌類学者Eef Arnoldsによって記述されたときに設定されました。ただし、以前の同義語は存在します。現在受け入れられている名前Hygrocybehelobiaは、フランスの菌類学者MarcelBonがこのワックスキャップを現在の属に移した1976年にさかのぼります。

Hygrocybeのhelobiaを含むわずか数同義語有するHygrophorus miniatoalbus、。パットをHygrocybe miniatoalba(PAT。)FHモラー、Pseudohygrocybeのhelobia(アーノルズ)コワレンコ、及びHygrophorus helobiusアーノルズ。

語源

アカヤマタケ属は、このグループの真菌が常に非常に湿っているため、そのように名付けられました。アカヤマタケは「水っぽい頭」を意味します。特定の上皮ヘロビアはギリシャ語に由来し、「ステークのように」を意味する場合があります。

識別ガイド

Hygrocybehelobiaのキャップ

キャップ

直立した先のとがった鱗で覆われたドライキャップは、直径0.8〜2.5cmの範囲です。最初は凸状で、次に平らになると、キャップはしばしばわずかにくぼんだ中心になります。最初は緋色または血の赤。年齢とともに、キャップの表面はしばしば鈍いオレンジ色に色あせます。

アカヌマベニのえらと茎

オレンジレッドとペールイエローの間で色が変化する鰓は、退行した歯を伴ってわずかに発芽することがあります。

緋色またはオレンジレッドの壊れやすい乾燥した茎は滑らかで水平で、直径2〜3mm、長さ1〜4cmで、茎の輪はありません。

Hygrocybehelobiaの胞子

胞子

楕円体、滑らか; いくつかの滴で; 8-10x5-6μm; ヒアリン; アミロイド。

大きな画像を表示

Hygrocybehelobiaの胞子

バツ

胞子紋

白い。

Hygrocybehelobiaの鰓トラマ

ギルトラマ

レギュラー。

大きな画像を表示

ギルTRAMA Hygrocybe helobia

バツ

におい/味

特徴的ではありません。

ハビタと生態学的役割

ハンノキの下の森林伐採; 人工肥料が散布されていない、密集した、または刈り取られた湿った草地。ヒースランドでも時々見られます。

ワックスキャップは、草や他の草地植物の枯れた根に対して腐敗性であると長い間考えられてきましたが、現在、ワックスキャップとコケの間には何らかの相互関係があると考えられています。

シーズン

英国とアイルランドでは9月から11月。

類似の種

Hygrocybecantharellusには退行性の鰓があります。

Hygrocybe miniataは非常に似ていますが、砕いた鰓はニンニクのにおいがしません。

料理のメモ

Hygrocybe helobiaは小さすぎて珍しく、料理の収集品として検討する価値はありません。

参考資料

Fungi、Pat O'Reilly2016に魅了されました

北ヨーロッパの菌類、第1巻-Hygrocybe、David Boertmann、2010年。

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。