Coprinellus micaceus、きらめくインクキャップキノコ

門:担子菌-クラス:真正担子菌-注文:ハラタケ目-家族:ナヨタケ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-料理のメモ-参考資料

Coprinellusmicaceus-輝くインクキャップ

木の切り株や埋葬広葉樹の木から、コプリヌスのmicaceus、以前はマイカInkcapとして知られているが、今輝くInkcap呼ばれ、春から初冬まで、中規模の塊に小さなにおいて生じます。この食用キノコは、菌糸体がカドミウムや鉛などの重金属を生体内蓄積する可能性がある道路脇や汚染された土地から収集された場合、潜在的に有毒です。これにより、キノコにはこれらの毒素が高濃度で含まれます。

分布

英国とアイルランド、そしてヨーロッパと北アメリカ全体で一般的なキララタケは、真にコスモポリタンなキノコであり、アジアのほとんどの地域、南アメリカ、オーストラリアでも見られます。Coprinellus micaceusは通常、非常に大きなクラスターで出現し、孤立した標本として出現することはめったにありません。

分類学の歴史

Coprinellusmicaceus-邪魔された道端で輝くインクキャップ

きらめくインクキャップは、1786年にジャンバプティストフランソワピエールブリヤードによって科学的に最初に記述されました。(膨大な数のハラタケ目は、真菌分類の初期にアガリクス属に投棄されました。その後、ほとんどが他の属に移され、現在のアガリクス属には、はるかに少数のハラタケ目と呼ばれることもあります。 「真のキノコ」。)偉大なスウェーデンの菌学者エリアス・マグナス・フライスは、後にこの種をコプリヌス・ミカセウスと改名しました。分子(DNA)分析の結果、コプリヌスが2001年までその名前で知られていました。属は、互いにだけ離れた関係で真菌のグループを含むことが示された、以前のコプリナスのグループは、属に移動さ輝くInkcapで解体されたCoprinellus。(Coprinus comatus、Shaggy Inkcap、および他の3つの珍しい菌類は、以前は大きなCoprinus属に残っているすべてです。)

Coprinellus micaceusの同義語には、Agaricus micaceusBull。およびCoprinusmicaceus(Bull。)Fr。が含まれます。

Coprinellus micaceus、成熟した標本

きらめくインクキャップが成熟すると、キャップはベル型になり、ここに示すように、マージンから内側に向​​かって潮解し始めます。

語源

一般名Coprinellusは、このキノコ属が表示されますがすることを示している(またはであると考えられていた)属の菌類に似コプリヌス、その文字通りの手段「糞に住んでいる」 -かなりinkcapsの数が、ために特ににくいのは事実ですこれと他のいくつかのコプリネルス種。接尾辞-ellusは、ササクレヒトヨタケ種よりもかなり小さい子実体を生成する真菌を示します。特定のキララタケ「塩(または雲母)の粒に似ている」を意味し、未熟なキャップの表面に雲母の斑点のように輝く小さな顆粒(ベールの破片)を指します。雨天時には、これらの顆粒が洗い流されて、表面の成熟したキャップが粒状ではなく完全に滑らかになることがあります。

一般名は時間と場所によって変わります。アメリカでは、Inky CapまたはInky-capという用語が最も一般的に使用されていますが、英国で発行されている多くの古いフィールドガイドでは、InkcapではなくInkCapまたはInk-capが表示される可能性があります。

識別ガイド

Coprinellusmicaceusの若いキャップ

キャップ

Coprinellus micaceusの卵形のキャップは、最初は小さな白い顆粒(ベールの残骸)で覆われ、ベル型になり、年をとるにつれて塩のような軟口蓋の粒を失います。キャップは通常、高さが2〜4cmで、開いたときの直径は同じです。キャップの色は黄土色で、中央にラセットの「目」があり、経年変化により灰色がかった茶色に変わります。きらめくインクキャップはやや吸湿性があります。乾燥しているか湿っているかによって色が変わり、空気が湿ると暗くなります。

Coprinellusmicaceusのえら

キララタケの鰓は白く、紫がかった茶色に変わり、潮解する前に黒くなります(自動消化して黒い真っ黒な液体になります)。

白い茎は根元が茶色がかっており、通常は直径2〜5mm、高さ4〜10cmです。

Coprinellusmicaceusの胞子

胞子

楕円体からミトリフォーム(シールド形状)、滑らか、7-10 x 4.5-6µm; 中央に胚芽孔があります。

大きな画像を表示

Coprinellus micaceusの胞子、キララタケ

胞子 バツ

胞子紋

非常に濃い茶色または黒。

におい/味

特徴的ではありません。

ハビタと生態学的役割

広葉樹の切り株や枯れた根の上または横で成長しているサプロビック。

シーズン

英国とアイルランドでは5月から11月。

類似の種

Coprinellus disseminatusも大きなグループで出現しますが、キャップに塩のような顆粒はありません。

Coprinellus micaceus-コンパクトグループ、キララタケ

料理のメモ

キララタケは食用と報告されていますが、高く評価されていません。

参考資料

Fungi、Pat O'Reilly2016に魅了されました

Orton、PD&Watling、R。(1979)。ブリティッシュファンガスフローラ:アガリクスとボレティ。第2巻。ナヨタケ科:ササクレヒトヨタケ。王立植物園:エジンバラ。

Redhead SA、Vilgalys R、Moncalvo JM、Johnson J、Hopple JS Jr。; ビルガリス、リータス; モンカルボ、ジャンマルク; ジョンソン、ジャッキー; Hopple、Jr。John S(2001)。'CoprinusPers。とコプリヌス種sensulatoの処分。分類群(国際植物分類学連合(IAPT))50(1):203–41。

菌類のBMS英語名

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。