Eriophorumangustifolium-一般的なコットングラス

門:被子植物-クラス:トクサ亜綱-目:イネ目-家族:カヤツリグサ科

一般的なコットングラスは、果実の中にいるときは遠くからしか見えません

上:西ウェールズの沼地の荒れ地にある一般的なコットングラス

ウェールズの湿地の高地の沼地では、夏から秋にかけて綿草のふわふわした頭が見られます。

説明

個々の茎は地下茎から成長し、Eriophorum vaginatumなど、この属の他の種とは異なり、それぞれにいくつかの頭花があります。茎ごとに1つだけの花があります。

分布

この植物は、英国とアイルランド全体の酸性の沼地で一般的です。ウェールズでは、スノードニアとコルスキャロン、テイフィ川上流のトレガロンにある大きな赤い沼地に、コモンコットングラスが豊富にあります。

コモンコットングラスをとても目立たせるのは果物です。それらは暗褐色で、脱脂綿に似た白い綿のような毛を持っています。花は4月から5月に現れ、6月と7月に果実が続きます。

一般的なコットングラスのクローズアップ写真
果実は暗褐色で、6月に最も目立つ綿のような毛があります。

このページに表示されている植物は、6月に西ウェールズで撮影されました。


この情報がお役に立てば幸いです。もしそうなら、SueParkerとPatO'Reillyによる私たちの本WonderfulWildflowers of Wales、vols 1 to4も非常に役立つと確信しています。ここでコピーを購入...

他の自然のブックファーストネイチャー...