珍しい森林菌であるArmillariaborealis

門:担子菌-クラス:真正担子菌-注文:ハラタケ目-家族:タマバリタケ科

分布-分類学の歴史-語源-識別-毒性-参考資料

ナラタケ属borealis

ナラタケには多くの形態があり、遠い昔にはそれらはすべて学名Armillariamelleaを共有していました今日では、いくつかの異なる種が存在することが一般的に認められており、そのうちの1つであるArmillaria borealisは、 1982年にしか認識されていません。

Armillaria borealisは木材に対して非常にカトリック的な味があり、(ここに見られるように)松を含む広範囲の広葉樹や針葉樹に現れます(一般的にかなり高いところにあります)。

分布

この種は、英国とアイルランドでは非常にまれな発見です。スコットランドで最も頻繁に録音されていますが、イギリスからのレコードがいくつかあり、アイルランドからのレコードが少なくとも1つあります。ヨーロッパの他の場所では、フィンランドで最も頻繁に見られ、少なくともフランスやオランダなど、他の北部の国々で時折発生します。この希少種をはるかに一般的で広く普及しているナラタケと混同しやすいため、多くの発見が記録されていない可能性があります。

分類学の歴史

この森のキノコは、1982年にドイツの菌類学者HelgaMarxmüllerとフィンランドの菌類学者Kari Korhonenがフランスで出版した後、別の種であるArmillariaborealisとして受け入れられました。

語源

特定の上皮ボレアリスは、「北風」を意味するギリシャ語の名詞ボレアスに由来します。ボレアリスは「北の」を意味し、実際、記録によれば、ナラタケはヨーロッパの北部で最も一般的です。

毒性

すべてのナラタケ種は、完全に調理すると一般に食用と見なされていましたが、広葉樹で発生するナラタケグループの一部のメンバー(この属のタイプ種であるナラタケを含む)は、中毒の事例として疑わしいと見なされる人もいます。これらの菌類を食べることに関連しています。これはおそらく、これらの真菌に対する普遍的な人間の反応ではなく、少数ではあるがかなりの割合の人々が悪影響を受けているためです。したがって、いずれにせよ英国では希少種であり、したがって保存に値するナラタケ属のボレアリスは、ポットのために収集されるべきではないことをお勧めします。

識別ガイド

ナラタケのキャップ

キャップ

直径2〜8cm; オレンジブラウン、時にはオリーブ色を帯び、中央部は暗褐色。吸湿性で、縁から薄く乾燥します。最初は凸状で、次に平らになり、多くの場合、広いアンボがあります。小さな茶色の先のとがった鱗で覆われた表面。

キャップの肉は白っぽくてしっかりしています。

ナラタケのえら

アドネイトまたは弱く退行する鰓は密集していて、最初はほとんど白く、徐々にクリーム色になり、成熟すると茶色のさびのような斑点が散在するオレンジ色になります。

頂点で最も淡い; リングの下のキャップのような色で、子実体が成熟するにつれて暗くなります。長さ4.5〜12cm; 細身で、クラベートベース。頂点に向かって先細り。黄色がかった羊毛の鱗が持続する表面。リングの近くで最大になり、基部に向かって徐々に小さくなります。黄色のエッジ/下側がありますが、ダークスポットはありません(Armillaria ostoyaeを参照)。茎は通常、小さな房の木材から出てきます。茎の肉は白っぽいです。

担子器

通常、担子器を備えた4胞子のクラベート(担子器に基底クランプがないArmillaria melleaとは異なります)。

胞子

楕円形で滑らかで、通常は内臓があります。7.5-10 x 5-7µm; アミロイド。

胞子紋

とても淡いクリーム。

におい/味

わずかな「きのこ」臭い。最初はマイルドで、その後徐々に不快な味がします。

ハビタと生態学的役割

立っている広葉樹と針葉樹に寄生する(そして後には腐敗する)。死んだ切り株にも時々見られます。ほとんどの場合、子実体は地面よりかなり上に現れ、特に白樺の幹の高いところに現れることがよくあります。

シーズン

英国とアイルランドの夏の終わりと秋。

類似の種

一般にハニー菌と呼ばれるナラタケは、一般的にはるかに分厚い永続的な茎の輪を持っています。

スギタケは広葉樹の下で低く成長します。それは一般的に色が似ており、鱗で覆われています。巻き込まれたマージンを保持し、鰓は均一にさび茶色に変わり、大根のような香りと味がします。

イングランド南部、ナラタケ属

参考資料

Flora Agaricina Neerlandica:オランダで発生しているAgaricsとBoletiの家族の重要なモノグラフVol。3、キシメジ科(Ed。:C.Bas、Th.W。Kuyper、ME Noordeloos&EC Vellinga)

菌類の辞書; ポール・M・カーク、ポール・F・キャノン、デビッド・W・ミンター、JA・スタルパーズ。CABI、2008年

これらのページの分類の歴史と同義語の情報は、多くの情報源から引用されていますが、特に英国菌学会の菌類のGBチェックリスト、および(担子菌の場合は)キューの担子菌とアイルランドの担子菌のチェックリストから引用されています。

謝辞

このページには、SimonHardingから寄稿された写真が含まれています。